イメージ写真

合格実績

2008年度入試

・大学合格者

沖縄国際大学 中山彩夏  
獨協大学 比嘉夏巳  

・高校合格者

国立高専沖縄 前田翼  
興南高校 玉那覇輝  
知念高校 高里みどりさん  
向陽高校(理数科) 西銘健悟  
那覇工業高 川上了  
沖縄工業高等専門学校 情報通信システム工学科 前田翼先輩からのメッセージ

私は、元々他の塾にいました。私は高専に行くと決めていたので、そこの塾にいたのですがそこの塾は、多人数一斉授業形式で、授業中、うるさかったりして、授業に集中できない状況でした。そのため、成績は伸び悩み、高専に行くのは、無理とその塾の先生にいわれたくらいです。そうこうしているうちに高専の入試一ヶ月前に迫りもうほかの高校に行こうかと考えていたそんなとき、この横濱学院の熱血指導をなさる、塾長が私に1枚のビラをくれました。

それが、私とこの塾の出会いです。その日にさっそく私は、塾に行ってみることにしました。すると、塾の中は、静かでかなり驚きでした。今までの私の塾のイメージを完全にすり替えるほどでした。その後数日間の体験ができるということで、その体験授業を受けてみました。とりあえず実力を見るために公立の入試問題をやってみましたが、なかなかいい点数を取ることはできませんでした。それでも、第一志望の高専の過去入試問題をやってみました。結果は悲惨なもので英語、理科が2割、社会が4割、国語が5割で得意科目の数学が辛うじて6割といった状況でした。私がこの塾に訪れたのは、高専の入試1ヵ月前というほぼ仕上げの時期にこの点数で正直自分は、その当時受かる自信がありませんでした。ですが、塾の先生方はまだまだいける可能性があると、私に言い、私を勇気づけてくれました。その励ましの言葉で、私は必死に勉強に取り組みました。
横濱学院では、個別指導をやっており、静かに、集中して勉強に取り組むことができました。その集中力は今までとは比にならないほどで、PM10:40終了なのに11:20までいたりすることもしばしばでした。この塾では、毎日あいているので、私は、ほぼ毎日のようにこの塾に通い勉強に取り組みました。その結果、最初は2割だった理科が、4割、5割6割とどんどん伸びて行き最終的に理科は8割にまで達しました。数学も最高8割を取りましたし、全体的に7割台まで上がりました。私の苦手科目である社会、英語に対しては、社会の場合、語呂合わせの本を買ってきたりしてくれかなり入試対策に役に立ちました。英語に関しては、リスニングから、リーディングまで、塾長自らの熱血指導のもとで英語をどんどん教え込まれ最後には、英語の単語を覚えるプリントを塾長自ら作っていただきそれがかなり効いて、英語の長文を最初はほぼ全滅だったものが、得意分野にまでなるほどでした。おかげで私は、見事高専に合格して、今、高専の情報通信システム工学科に入り1年の高専ライフを満喫しています。今は、数検準1級合格を目指して、検定の対策をやっています。私が、高専に合格できたのは、この塾があってからこそだと思います。今の私があるのは、この塾に出会ったからだと言っても過言ではありません。それほど私は、この塾にとても感謝しています。

今、入試を迎えようとしている中学生の皆様、今からではもう間に合わないなんてことはございません。

今からでも間に合うんです。この横濱学院なら、先生方の熱血指導のもとかなり集中できる個人指導体制を一度受けてみたらわかると思います一ヶ月後、あなたに実力と自信がつくはずです。もちろん、入試だけではありません。英検や数検の準1級の取得まで対応しており、東大卒の塾長が自ら教えてくれます。とにかく、一度来てみてください。過去に3つ塾を通った。私のもっともお勧めする塾です。